top of page

デザインと作業のバランス

お客様との会話からデザインは始まる




庭をどのように作るか?

シーズナルガーデンが考えるデザインとは、お客様とお会いすることからはじまります。


「会って」&「話す」から「会話」。

お客様との会話から感じることができる庭への想いを受け止めます。

そして、作庭やリガーデン(Re:Garden)の目的をしっかりお伺いさせていただきます。


私たちはお客様との会話から始めて、お宅の建物や素材(家構え)、周囲の景色を確認してから、庭のデザインの構想を開始します。


周囲の景色との調和を図る庭を創ることをモットーとしつつも、イメージが先行しすぎないように、その時々の視点も大切にしながら、柔軟な発想を持って作業対応をしております。


その結果、周囲の形式と調和した「心地よく」「雰囲気のある空間」が提供可能なのです。



追伸:2020年12月28日 仕事納めの日に追記

 さて、コロナ禍において、どのように深く会話をしていくべきか...

 庭師ですけど、もっとITを使いこなせないといけないということですかね。 笑


Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page